就活の問題を訴える院内集会

就活生の声を国会議員に届けよう!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本実行委員会結成の経緯について

 本「就活の問題を訴える院内集会」実行委員会が成立した経緯について、簡単にご説明いたします。

 まず、去年のことになりますが、11月23日の勤労感謝の日に、東京と京都で二つのデモが行われました。
 東京のデモは「就活ぶっこわせデモ」(注1)、京都は「タダの学生がビビりながらする!カルト就活やめなはれデモ」(注2)と銘打ち、いずれも現状の就活が学生に対して不利益を強いていることを、社会に対して訴えるという主旨のものでした。

 実は、就活生や学生によるこのような反就活デモが行われたのは、去年が初めてではありません。
 2009年11月23日には、当時北海道大学の四年生だった大瀧氏が中心となって、札幌で「就活くたばれデモ」(注3)が行われています。
 これに共感した各地の就活生・学生により、2010年11月23日には札幌・東京・大阪・松山の各地で、同様の反就活デモ(注4)が行われました。
 2011年の東京・京都の反就活デモも、このような流れの上にあったものです。

 そして、2011年にデモを行ったメンバーのうち、一部の人間が中心となって、院内集会を行おうということになりました。院内集会とは、国会議員の方に主張を届けるべく、議員会館の会議室などを借り、議員やメディアの方をお招きして行う集会のことです。
 反就活をテーマにした院内集会を行うのも、今年が初めてというわけではありません。2011年2月22日には、2010年に各地で行われた反就活デモの有志が中心となって、参議院議員会館にて院内集会を行ない(注5)、国会議員の方々に自らの主張を届けています。
 経団連は、それまでは学部3年・修士1年の10月から始めていた企業による大学生・大学院生の採用活動を、2011年からは二ヶ月遅らせて12月から開始することにしましたが、この決定には学事日程の尊重を求める大学側の主張が容れられたとともに、文部科学大臣・厚生労働大臣・経済産業大臣の連名による早期化是正の要請があったことが影響しています(注6)。
 こういったことから、私たちの主張を聞いてもらえるように政治に働きかけることは、効果的なことであると判断し、今年も院内集会を行うことになりました。

 このように、「就活の問題を訴える院内集会」実行委員会は、2011年の東京・京都の反就活デモの有志が中心となって結成されたものですが、その後、デモに参加しなかった方も、実行委員として加わっています。
 現在のメンバーは、慶應義塾大学・東京大学・法政大学・早稲田大学などの大学生で構成されており、代表は法政大学三年の関翔一が務めております。

 なお、上述したとおり、本実行委員会は2011年の反就活デモの有志が主体となって結成されたものですが、いかなる政党・団体からも独立して、就活生・学生主体で運営を行なっております。

 院内集会まで、残すところ一週間を切りました。就活問題に興味をお持ちの方は、ぜひ3月16日に参議院議員会館101号室までお越しください。
 ともに就活を考え、変えていきましょう。

(注1)「就活ぶっこわせデモ」実行委員会ブログ(http://hosyukakumei.blog.fc2.com/)を参照。
(注2)「タダの学生がびびりながらする!カルト就活やめなはれデモ」実行委員会ブログ(http://syukatudemo1123kyoto.blog.fc2.com/)を参照。
(注3)デモを主催した大瀧(O瀧)氏によるブログ「O瀧の暴動ステーション」のデモ告知記事(http://sunset-strip.cocolog-nifty.com/blog/2009/11/post-51f4.html)等を参照。
(注4)「就活くたばれデモ@札幌」実行委員会ブログ(http://blog.goo.ne.jp/tomato-saibai)、「就活どうにかしろデモ」(東京)実行委員会ブログ(http://syukatudemo.blog77.fc2.com/)、「ここがヘンだよ就活パレードin関西」実行委員会ブログ(http://blog.livedoor.jp/kokohenshukatsu/)、「シューカツしたくないよぉ~☆パレード@松山」実行委員会ブログ(http://ehime-demo.jugem.jp/)を参照。
(注5)「就活どうにかしろデモ」実行委員会ブログの、院内集会告知記事(http://syukatudemo.blog77.fc2.com/blog-entry-78.html)等を参照。
(注6)社団法人日本経済団体連合会(日本経団連)の2011年1月12日付意見書「新卒者の採用選考活動の在り方について」(http://www.keidanren.or.jp/japanese/policy/2011/001.html)を参照。
スポンサーサイト

院内集会とは?(参加方法)

院内集会とは・・・
議員会館で、その問題に関心のある国会議員や一般人を集め、行われる集会。
当事者が、その問題についてダイレクトに訴えたり、
政策を提言したりできる場です。


これまでに当院内集会に関してお問い合わせをいただきましたので、
Q&A方式で回答させていただきます。

Q:一般人として参加(傍聴)したいのですが、どうやったら参加できますか?
A:直接会場にお越しいただければOKです。事前申込、入場料等は不要です。

Q:当日は現地に行けないのですが、集会を見たいです。何か方法はありませんか?
A:こちらから、USTREAMで配信いたします。遠方に住んでいる・時間が合わない等の方はご利用ください。

Q:この院内集会のツイッターのハッシュタグはありますか?
A:あります。#ここが変だよ日本の就活 をお使いください。集会当日もご活用ください。


皆様のお越しを心よりお待ちしております!

« »

03 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

就活院内集会2012

Author:就活院内集会2012
2012年3月16日(金)17時~18時半
永田町・参議院議員会館101号室にて
「就活の問題を訴える院内集会」、無事開催されました!
ご来場頂いた皆様、ご支援頂いた皆様、
誠に有難うございました!!

月別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。